領事公邸懇親会


石川達雄総領事にご招待いただき、領事公邸にて虹の会の懇親会が行われました。正会員に加え、日頃なかなか顔を合わす機会のないも協力会員、賛助会員も参加し、和気藹々とした楽しい時間でした。

風邪でGPを受診した時によく聞かれるオーストラリアの医療についての疑問

ニュースレター2011年9月号から抜粋

日本語医療センター代表 千綿真美 著

ウイルス感染(Viral infection)ですね、パナドールを服用して、水分をよく取って、ゆっくり過ごすように。風邪症状でドクターの診察を受けて、たいていの人がこのように言われているかと思います。日本だったら、抗生物質に鎮痛解熱剤、痰がらみや咳を抑える薬からうがい薬に胃薬まで処方してもらえるし、症状がひどければ外来ですぐに点滴まで受けられるのに・・・・とぼやく声がよく聞かれます。

 パナドール

panadol-tablets_4d71b03caf7ce

Panadol (Paracetamol) は別名アセトアミノフェン(Acetaminophen)で鎮痛解熱剤です。アスピリンやイブプロフェンなどの非ステロイド性抗炎症薬と異なり、胃に優しく、ほぼ副作用も依存性もないという点から、オーストラリアでは乳児から大人まで幅広く使われています。

風邪はそもそもウイルス感染によるものであって、このウイルスに対して抗生物質は効きません。ウイルスは身体の免疫が働き、何もしなくても数日経てば排出され回復しますから、その間不快な症状を抑えるためにパナドールなどを服用しておけばよいという見解です。抗生物質が必要となるのは、ウイルス感染に続き引き起こされた肺炎や気管支炎、副鼻腔炎、中耳炎、扁桃腺炎などの細菌感染です。日本ではこの細菌の 2次感染を 予防するために風邪の引き始めから抗生物質が処方される治療方針が主ですが、オーストラリアの治療方針と違うために戸惑うかと思われます。ただしこちらでも喘息を持っている方や風邪を引くたびに気管支炎や扁桃腺炎を引き起こしているという病歴がある場合はその旨を考慮して抗生物質の処方が早めにされますので、ドクターにきちんと説明しましょう。

 点滴

点滴はオーストラリアでは重症で病院に入院しない限りは簡単には行われません。口から水分を補給できる状態であれば必要ないという見解です。日本で風邪や胃腸炎で受ける点滴のほとんどは電解質とブドウ糖補給がメインです。発熱や下痢や嘔吐で身体が脱水傾向にある時は頭痛やだるさがひどくなります。よって点滴によって直接血管内に電解質やブドウ糖を即効で補うことで気分が多少良くなります。オーストラリアでは水分をよく取りなさいとアドバイスされますが、特に点滴代わりにいいものは“ Gastrolyte ”などは薬局で買える総合電解質補正製剤でこれは“飲む点滴“になりますし、 Cordialはスーパーで買える水で薄めて飲めるジュースですが、これも糖分とナトリウムが補給できます。 Gatorladeなどのスポーツ飲料もよいでしょう。

 うがい

うがいは西欧の医療文化では効果があるものだとはあまり認識されていませんのでドクターたちはうがい薬を処方しません。以前に豚インフルエンザ流行の際に受けた講義で聞きましたが、うがいが存在しない文化も世界には多くあり、よって WHO'世界保健機関(の予防マニュアルには“うがい”は載っていないそうです。ですからこちらの薬局でもうがい薬は売ってはいますが、ドクターたちはうがいするなら薄めた塩水でとアドバイスされるぐらいが多いかと思われます。

 胃薬

日本にはオーストラリアには存在しない、ドクターたちにも何の成分かもわからないたくさんの種類の胃薬が存在し、抗生物質などを処方された時には必ず一緒に処方されています。これもまたたいていはあらかじめ薬によって胃の調子が悪くなるのを抑えるための予防的な目的です。オーストラリアでは胃薬の種類はそれほど多くはなく、明らかな胃炎や胃潰瘍などに対しての治療としてのみの処方となります。

異国に来て今までと違う医療方針に戸惑うことは多いかと思いますが、診察を受ける時には疑問があればドクターにきちんと聞いて納得し、希望があれば伝えるようにすることが大切です。

 

 

ニュースレター9月号発行

    目 次
  • 虹の会の皆様へ(在パース日本国総領事 石川達雄)
  • 産後に見られる精神的ストレスとパースで受けられるサポートシステムについて
  • 風邪でGP(一般開業医)を受信した時によく聞かれるオーストラリアの医療についての疑問
  • 事務局だより(勉強会を終えて)
  • メンバーズコーナー(武田 政俊、ウェブスター 陽子)

ニュースレター9月号ダウンロード

産後に見られる精神的ストレスとパースで受けられるサポートシステムについて

cut1

産後うつは治療が出来、回復可能であることを念頭に置いて下さい。子育てには母親だけではなく、父親・家族・周りのサポートが必要不可欠であり、それが母親の体力回復・精神的安定にも繋がります。一人でも多くの方にこれらのことを理解していただき、楽しく育児ができる方々が増えていければと思います。

虹の会・妊産婦ケアチームでは相談内容にあったサポートサービス情報の提供を行っております。一人で抱え込まず、まずはお電話して頂き、一緒に問題解決していければと考えております。

 

ニュースレター2011年9月号から抜粋

メリー香織・ホーキンス明子 著

産後うつとは?

日本人女性の約 70%が産後、女性ホルモンのバランスの崩れにより精神的に不安定な状態を経験すると言われています。これは俗にマタニティーブルーとよばれ、産後3-5日でピークを迎えます。それに対し、少なくとも 2週間以上継続して常に沈んだ状態の場合は軽度の産後うつの可能性があります。症状は突然又は徐々に起こり何か月も続く時もあります。また、最近では男性にも起こりうることがわかってきました。

症状

常に疲れきっている、眠れない、すぐ泣く、泣きたい気持ちになる、気分が急激に変わる、自信喪失、自責、赤ちゃんをかわいいと感じない、少食 /過食、物事をいい方向に考えることができず常に悪い方に考えてしまうなどの症状があります。また、症状が進むと現実逃避や自殺を考えることもあります。

原因

身体的要因-ホルモンの変化、睡眠不足、慢性疲労、難しい赤ん坊'寝ない、泣きやまないなど、精神的要因-母性父性の確立、子供中心の生活への変化、自分時間の喪失、社会的要因-社会的孤立、周りからの要望・重圧、経済的負担、サポート不足 。

対策

。。。。。<母親側>

  • 産後1,2か月は一緒にいてくれるようパートナーか家族に頼み、家事分担について話し合う。
  • 信頼できる人に自分の心配事について話す。
  • 本や周りの人の意見に惑わされず、自分自身の判断を信用する。
  • 赤ん坊が眠っているときは家事が残っていようと自分も休み、眠るようにする。
  • l   他人のさしのべる助けを受け入れる。
  •  短い時間でもいいから散歩・運動・新鮮な空気を吸うようにする。
  • 地元のコミュニティーナースやマザーズグループと知り合いになり、自分のサポート体制を広げる。

。。。。。<父親側>

  • 話を聞き、理解を示し必要であれば専門家の助けを求め、一緒に同伴する。
  • 父親自身の身体・精神的健康も意識する。
  • 赤ん坊の世話に積極的に関わる。
  • 妻に一人の時間(買い物や美容室へ行ける)を作ってあげる。
  • 夫婦としての時間を持てるよう計画を立てる。

。。。。。<家族・友人側>

  • 定期的に訪問し、話し相手になる。
  • アドバイスは与えるのではなく、本人の感情・意見を聞き尊重する。
  • 可能な範囲で家事・育児を援助する。

治療方法

GP、またはコミュニティーナースに相談し、他の疾患の可能性がないかもチェックすることが大切です。実際の治療としてはカウンセリング、心理療法、サポートグループ、薬物療法などがあります。また、健康的な食事・睡眠も重要です。

パースで受けられるサポートサービス

・Community Child Health Clinic

・Raphael Centre (St John of God Health Care) 1300 306 828

・State Child Development Service 9426 9444

・Red Cross Family Support Service 1800 810 710 or 08 9225 8888

・Playgroup WA 1800 171 882

・Community Midwifery WA (08) 9430 6882

・Pregnancy, birth & baby helpline 1800 882 436

・Parenting WA 1800 654 432 (non metro) (08) 6279 1200 (metro)

・Ngala Helpline (08) 9368 9368 or 1800 111 546

・Beyondblue info line 1300 22 4636 (local call)

・MensLine Australia 1300 78 99 78

・Relationships Australia 1300 364 277

・From the Heart WA .Supporting Perinatal Mental Health (08) 9340 1622

・Post and Antenatal Depression Association (PaNDa)

・Helpline 1300 726 306

・Family day care/ Day care

『マタニティブルー』について 


今日の勉強会には、メリー香織さんとホーキンス明子さんを講師にお迎えして、出産後の憂鬱についてお話いただきました。天候不良にもかかわらず、大勢の参加者があり、この問題についての関心の高さがうかがえました。

 

介護実習 『マニアルハンドリング』


「マニュアル ハンドリング、介助に接するときの技術」について、講師にメリー香織さんをお招きして介護実習が行われました。大変貴重な体験をすることができ、実際の介助に役立つポイントを教えていただきました。

Friends of Japan “日本祭り”

 

日本で起きた未曾有の災害の後、大規模な募金活動がシティのフォレストプレイスで行われました。主催したフレンズオブジャパンは、豪日協会を母体として虹の会、兵庫文化センター、UWAのジャパンソサエティ、ロータリークラブ、カーテン大学、マードック大学など多くの組織の協力で構成されています。

虹の会では、着物の着付けや書道、折り紙のデモンストレーションなどにより募金を集めましたが、「日本のために祈ってます。」「日本の悲しみを分かち合ってます。」「日本はきっと立ち直ります。」「がんばって!」などなど応援の言葉を沢山もらいました。

この日に向けてタイトなスケジュールの中、みんなが熱い思いを抱いて奔走し協力し合いながら大盛況に終わった日本祭りでした。人々の温かい思いやりや善意に支えられ日本はきっと立ち直ります。本当にありがとうございました。

サンデーマーケット

 

恒例のカリンナップサンデーマーケットは、今回、日本の震災被災者支援活動の一環となり、これまでの数倍規模の出店となりました。使用した駐車面積は9台分プラスα(通路も使ったので)、会員以外のたくさんの方々にご協力いただきました。お手伝い下さった方々、ドネーションして下さった方々、本当にありがとうございました。