とっさの場合に! -交通事故編-

 

交通事故にあったとき,または、事故を起こしたとき(目撃したとき)

1.  状況の確認

a.  けが人がいる場合、救急車 ☎ 000 に電話

b. 下記の場合、警察 ☎ 131 444 に電話し、直ちに警察を要請するダイヤル 1  を押す

          • 駐車場など公共の場所での事故の場合
          • 人身事故の場合
          • 破損金額が、$3000を超える場合
          • 建物、器物などの持ち主が現場にいない場合

c.  目撃者を確保

d.  車が動かせるか否か

動かせない場合、レッカー車を呼ぶ。保険にレッカーのサービスが付いていれば保険会社に連絡。

2.  確認およびメモ作業 - 当事者間で情報を交換する (情報交換用メモフォームダウンロード)

a.  事故の日時

b.  事故の起こった場所(通りの名前、地区、目印になる建物等)

c.  車両の登録ナンバー

d.  運転者の名前、住所、電話番号

e.  免許証の番号 失効年月

f.  保険会社の名前、保険番号

※ 万が一の為、情報交換用メモフォームは、自分の車の詳細を VEHICLE NO1.  (相手に渡す為のページ)

kvvに事前に記入してから車に積んでおくとよい。

※ 後日、警察への届出に必要なので、気象、信号、走行方向、歩行者などの状況のメモをとっておく。

※ 正確な事故状況の判断のため写真を撮っておく。

           (インターネットを使った届出には、3枚まで写真を添付でき、1枚のサイズは、1Mb以内)

あk

3.  警察への届出

 a.  インターネットのサイトから直接届ける

警察のへの届出サイト: https://www.crashreport.com.au/ocrf/

 b.  直接最寄りの警察署に行き、申請用紙を貰い記入して提出する

(申請用紙はここからもダウンロードできます

※相手からの虚偽の申請や、事故後の不調を訴えられた時、対応できるようにする為に、事故が、小さいからと自己判断せず、必ず警察に事故を届ける方がいい。

a

4.保険会社への連絡

保険会社の指示に従い車を修理に出す。

 

Comments are closed.