Beyond Walk

iwata
Yuuichi Iwataさんという日本人が、東北支援活動として、オーストラリアのパースからシドニーまでの4200kmを徒歩で横断するチャリティーウォークを行います。岩田さんは、被災地の現状を目の当たりにしたことに端を発し、自分に何ができるかを考え続けた末に、日本の侍として羽織袴を着てオーストラリア大陸を徒歩で横断するチャレンジを行い、世界中から寄付を集めようと決心されました。 そして、いよいよ9月15日の9時半、パースシティのベルタワーから、シドニーに向けて出発します。この日本人の決意にエールを送り、出発を見送ろうと、虹の会のメンバーもかけつける予定です。

チャリティーに関する詳細は、岩田さんのホームページからご確認いただけます。

 

以下は、岩田さんのホームページからの抜粋です。

 

何もない普通の男がチャレンジを成功させ世界中から大きな寄付を集めることができれば、
少しでも東北や日本に元気と勇気を伝えることが出来るかもしれないと思うからです。
また、「日本の侍」としてチャレンジを行うことで、
日本のみならず世界中に「東北を忘れないで」と発信することもできると考えました。
それは被災地を風化させないための力にもなれるのではないか、とも思っています。

夢は世界平和です。
その夢に向かうためにも、今を生きるいち日本人として被災地の現状を見過ごすわけにはいきません。
だからこそ、東北が少しでも元気になれる様に貢献していきたいと思っています。

2011年3月11日に東日本大震災が発生し、余りに多くの命が失われ、余りに多くの被害は今なお癒えていません。
また、追い打ちをかけるような原発の問題もあります。
しかし「現在進行形」であるはずの東北は今、忘れかけられてはいないでしょうか?
「何もなかったこと」にされそうになっているような気がします。
少なくともオレはその恐怖を感じています。
であるならば、自分自身にできることをしながら世の中に問いかけていきたい。
「あなたはどう思いますか?」と、
「あなたはどうしたいですか?」と、
そして、
「一緒に何かしてみませんか!?」と。

被災地でこれから育っていく子供達が、日本の未来のために立ち上がると本気で信じています。
そのための「教育」「環境作り」を支援したいと思い、今回このチャレンジを始めることにしました。
また、被災した学校の再建や新しい幼稚園/保育園/小学校などといった「場を作る」ことにも携わっていきたいと考えています。
今後は意思に賛同してくれた日本や世界中の方々より寄付を集め、東北の教育支援のための様々な活動に繋げていきます。
是非一緒に、東北を元気にする冒険を始めましょう!

皆様のご支援ご協力を宜しくお願い致します。

 

行こうぜ、日本!

Bookmark the permalink.

Comments are closed.